ホテル暮らしできるくらいに荷物を減らしたい(願望)





もうすぐ12月になります。

ってことは、大抵の人は年末も近づくから大掃除しよう

と思う季節な気がします。私もそうなんですが。




千葉から高知に引っ越してきて3回目の年越しです。

引っ越してからは、帰省しているので高知で年越ししたことはないのですが…。




まあ、高知で年越ししなくても大掃除は必須なわけですよ。

こまめに要らないものは処分しています。




書籍とか着ない服(私と子どものみ)とか、

目に入ってきて「これはいらない」って思ったものは、

できるだけ早めに捨てています。




できるだけ早めと書いたのは、

ゴミ出しの関係があるからです。当たり前だけれども。




その日に簡単に捨てられたらいいけれど、

たまに一週間先とかあるからね。燃えないゴミとか。







そうやって、いらないものは捨てていても大切だと思うものって

たぶんいくつかあると思うんですね。




私は、B'zのFCグッズやLIVEのチケットとファンレターの返事、

LIVEグッズ(物販で当てた直筆サイン色紙とか)とか

今までに発表された作品は捨てられないです。




その他にも、リラックマのぬいぐるみやリラックマの書籍なんかも

捨てることなんてたぶん無理です。捨てられない。










ミニマリストのように、家電も家具も捨てるなんてことは

確実にできないので比較することは変なんですが、憧れます。

スーツケース3つくらいでも生活できるわけじゃないですか。

家具も家電もほとんどないから、荷物まとめてすぐに引っ越せる。




モノが多いと掃除も大変だし、管理も大変だしストレスも溜まる。

誰かと一緒に暮らしていれば、そのことで喧嘩もすると思います。




だから、スーツケースに荷物を全部入れて好きなところに行ける

ホテル暮らしができるくらいに荷物を減らしたいのです。




全部写真に残して満足するような人間じゃない気がするので、



そこはゆっくり考えていく予定。

「何もしたくない」って思ってもいいじゃない




「何を食べようか考えるのすらめんどくさい」
って思うことがよくあるくらい、疲れてきたのかもしれない。

そういうときは思い切って、食べないし何もしない。
気が向いたら食べるけれど、そのまま何も食べないで寝ることが多い。

この過ごし方は健康に悪いのは、わかっています。
でも、考えたくないんだもん。



「何もしない」「何も食べない」
そんな日があってもいいじゃない。

一日中寝てる日があってもいいじゃない。
やりたいことがあったら一日を無駄にしたなあって思うかもしれない。

一日くらい洗濯物を溜めても、たぶん大したことない。
ほんの少し、休んだって誰も怒らないと思う。





なーんてことをふと思いました。
仕事に行きたくても身体が動かないし、家事をやろうって
思ったのに身体が動かない方は病院に行きましょう。

日本人頑張りすぎなんだよねえ。
欧米人をほんの少しは見習ったほうがいい気もする今日この頃。

きっと今までで最高の夏





お久しぶりです。
先週の金曜日にB'z LIVE-GYM2019 -Whole Lotta NEW LOVE-に行きました。

今日はその時のことを書こうと思っています。
セトリネタバレはしないように心がけますが、
MCや演出のネタバレはほんの少し含みます。

とは言っても、今後の公演に参加する人が見ても
ほとんど影響はないくらいです。

私が行こうと決めたのは、7/26の愛媛公演です。
特に意味はなく、主人もその日だったら休みが取れそうって理由です。

当選したのは、SS席です。
この時点で、一番前のブロックは確定しています。

当日になり、ガチャガチャとかCDの物販などで欲しいものを手にして
開場時間になって受付をしてチケットを発券した。
(B'zのライブチケットは当日引換券と交換したときに座席がわかるシステムです)

SS席のチケットは手首に巻いてもらうシステムです。
手首に巻いてもらった後に確認すると

A5ブロック 1列目 7番

一緒に入場したフォロワーさんによると
松本さん側の最前列とのこと。

ブロック表を見ても、そう言われても何が起きているかわからない。
席について、ぼーってしていると一緒に入場したフォロワーさんが来た。

「去年よりも近いよ!松本さんが微笑みかけてくるよ!」
と、そんな感じのことを言われた気がする。

今回は、バックステージもあるからなのかステージの後ろにもお客さんがいる。

そんな会話をして、水分補給をしたり色々していると開演時間になった。



肉眼で稲葉さんと松本さんが見える……。
そんなことしか考えてなかった。

今までとは違う新しいサポートメンバーとのサウンドは、
予想以上に心が動かされるものだった。

そんなことよりも、そのサウンドを身体全身で受け止めるのに必死です。
音を楽しみつつ、身体を支えつつ、汗を拭きつつ、水分補給してました。

いつも通りの始まり方、
いつも通りの挨拶、
いつも通りのMC。

何度も目が合ったかも知れないし、
何度も目の前に来て歌ってくれたし、
何度も目の前に来て演奏してくれたし、
何度も目の前で笑ってくれたかもしれない。

途中、熱中症ぎみになったので座っていました。
でも、B'zの2人が目の前に近づくと不思議と元気が出るから
立ち上がって叫んだりする。

その繰り返しでした。
たぶん、どんなに体調が悪くてもあんなに近くで2人のことを
見ることが出来たら、元気になる。
色々と心が破壊されました。破壊力すごい(語彙力)

何度も聞いたあの曲も、もっとすごくカッコよくなっていた。
これだから、どんどん好きになる。
初めてライブに行った時から、どんどん進化している。

演出もすごくよかった。
一番前だから音がすごかったけども、いつものことだから気にしない。

アンコール最後の特効が、とても冷たくて気持ちよかったです。
終わってから、しばらくモクモクしてたけど冷たくて気持ちよかった。



幸せでした。
会場に行く車内で主人と話していたことが現実になるなんて、
予想していなかったからびっくりしています。

稲葉さんがお気に入りの愛媛武道館で、またB'zのLIVE-GYMが見たいです。

#愛知県名古屋市のわらび餅 が届きました



以前、投稿したこの記事
やっと届きました、お気に入りのわらび餅。

ちなみに、執事の館から届く申し付けの品は全て「黒箱」と呼ばれる
黒い箱で届きます。
サイズは申し付けの品に合わせて変わるけれど、「黒箱」の色は
外が黒くて中がくか赤い色で統一してあるのだからブランディングの点から見ても
なんかとにかくすごいんだよね。

肝心の写真を撮るのを忘れたけれど。
開封してからの写真は撮ってあるので載せます。




開けると、注意事項などが書いてあるいお手紙が一通入っています。



今回は、わらび餅が2箱・きな粉2袋・ほうじ茶1袋が入っています。


ほら、出てきた。


1箱開けて食べてみたけれど、変わらぬいおいしさ。
きな粉なしで何個か食べてみたけれど、きな粉がなくても美味しい。
素材の甘みがあるって言えばいいのかな。

きな粉をかけると、ほんのり塩の味がする。
また違った別のおいしさがあります。

賞味期限が今日までなので、また夜になったら食べよう。


執事の館の皆様が東海3県のおすすめのものを使って、
試行錯誤をしながら作り上げている申し付けの品。

食品以外にも、化粧品とかいろんなものを定期的に申し付けを受け付けています。

きっと何年経っても好きなんだと思う


きっと何年経っても好きなんだと思う。
もう自分の人生の半分くらいは、彼らで占めている。

つらいときも悲しい時も、気が付いたら彼らがいた。

浮気して、他に行ったこともあるけれども
なんだかんだで彼らに戻っている。

好きで、好きで、好きで。
毎回ライブに行くときにはファンレターを書いている。
だが、好きすぎて言葉に表せないほど彼らが好きだ。

高知に住んで3年目、やっと「モネの庭」に行きました



2017年の年度末に高知に来て、3年目になります。
やっと初めて高知観光しました、いえい!!

ずっと気になっていた場所の一つ、
「モネの庭 マルモッタン」に行きました。
HPはこちらを見てね。


モネの庭の説明については公式HPに説明されていたので、
引用して載せます。

この庭は、モネがこよなく愛したフランス・ジヴェルニーの庭をモデルに創られています。色とりどりの睡蓮とゆらめく水面、太鼓橋や藤棚、バラのアーチ、混ざり合う光と花の色… 庭を散策すると、彼が描いていた風景をかいまみることができます。 水鏡に映る木々や草花の美しい様子は、北川村のまぶしい光と青い山海を背景に四季折々の自然模様を描きだし、草木の成長とともにその姿を変えていきます。

下道で片道1時間半くらいかかったかなあ。
家を出た時間すら覚えてなかったから、実際よくわからない。



ちなみに、Googleマップはこちら。




意外と迷います。
途中まではわかりやすいんだけれどね。


5月最後の土曜日だったけれど、
とても暑くて日傘を差している方が多い印象でした。

結構、外国人で観光に来ている方も多かったよ。

色とりどりの花をたくさん見ることができたので、
気分転換にもなりました。









中にカフェとか焼きたてパン工房もあったので、
お昼ご飯も食べることができます。

ちょうど行ったときは暑かったので、
アイスクリームを美味しそうに食べている人が多かったです。


執事の館の「愛知県名古屋市のわらび餅」を注文したよ。






愛知県名古屋市のどこかにあると言われている「名古屋の仮住まい」での給仕や「お申し付けの品」で東海3県(愛知県・岐阜県・三重県)のいいものを全国のお嬢様・旦那様にお届けしている執事の館

毎回、色々とお申し付けの品が並ぶのですがどれも争奪戦で数分で札が掛かる(売り切れ)になるんです。
そんな、毎回争奪戦になるお申し付けの品の一つである愛知県名古屋市のわらび餅に札を掛けることができました。

ちなみにTwitterにも書いたけれども、去年もこのわらび餅を申し付けたけれども
主人がいないときに届いてこっそり完食したら喧嘩しました。




ちゃんと届くことは予告していたけれども、
色んな理由で喧嘩をして全部食べました。

今年はちゃんと二人で仲良く分けて食べます。



ちなみに、名古屋の仮住まいとお申し付けの品についての説明は下を見てください。

「名古屋の仮住まい」とは、いわゆる飲食店に分類される業態をもって、世のすべてのお嬢様、旦那様に使用人がお仕えをする「ご自宅」とお考えくださいませ。ご自身のお家ですから、決して豪華ではございませんけれども前庭があり、玄関に続くクローク、そして幾つかのお部屋と、厨房や給湯室が備えてございます。
ここにご帰宅(ご来店)をいただくお嬢様、旦那様を、まいにち十数名の使用人がお待ちしております。ばぁやとして親しまれる介添係、聡明な若手の家事係、執事としてお仕えする壮年の給仕係。この三役に加えて、運転係がお出かけ先への道案内を承ります。

ご滞在中のお食事は、有り体に申し上げるなら「飲み放題・食べ放題」でしょうか。お気に召されたものを、お好きなだけお召し上がりいただければ幸いに存じます。おそらく、あらかじめお伝えしている給金の範囲で充分にご満足をいただけるのではないかと考える次第です。
なお、ご帰宅をいただくにあたって、とくべつ準備をいただく必要はございません。お手持ちのお洋服のなかで、わりあい質の良いものをお召しになれば、介添係も目くじらをたてる事はないでしょう。またテーブルマナーについても同様に。正しい作法をなぞることよりも、目の前にあるお食事を目一杯にお楽しみいただきとうございます。
引用:https://www.butlers-house.net/nagoya


職人の都合がございます。
私たち執事の館・準備委員会は、お嬢様、旦那様のためにそれぞれの職人、生産者と折衝を行いますが、あくまでも職人のキャパシティを考慮した生産計画を立てるように努めてございます。とりわけ「申し付けの品」としてお作りいただく品は独自性が高く、ふだんの仕事の合間に割り込む事柄ゆえ、本来の業務を妨げてしまっては本末転倒です。
したがって、繁忙期と呼ばれる時期には生産を見合わせることがしばしば、ございます。たとえばバウムクーヘンは、クリスマスシーズンに焼成を控えますし、ソーセージはお中元の時期に生産量をぐっと減らすこととなります。お野菜や果物についても同様で、その年の生産量や出荷量を見たうえでの判断をつど行う所存です。

お嬢様、旦那様の声が。
いっぽうで、私たちが委託をおこなう職人の多くは、全国的な知名度を獲得していない中小、零細の組織が多くございます。また取引先のブランド名で製造をおこなうOEMの業態も多く、日頃、お作りになっているものがどなたの手に渡り、どれだけ喜ばれているかを把握しづらい現状にございます。
私たち執事の館・準備委員会は、職人や生産者の名を伏せるいっぽう、お嬢様、旦那様からのご感想を Twitter やお手紙を通じて積極的に受け止め、作り手にフィードバックする習慣がございます。じっさいお召し上がりになった方の、生の声をお届けすることで、仕事のやり甲斐を実感していただける貴重な機会と言えましょう。

黒箱に納めて。
私たち執事の館・準備委員会が、お嬢様、旦那様からお申し付けをいただいたお品の多くは、製箱係の千音寺(せんのんじ)が拵える「黒箱」に納めてお届けをいたします。これは愛知県小牧市の段ボール工場が得意とする、極薄の段ボールを用いたもの。もとより軽さと強度を備えておりまして、質感を演出するために黒い素材を採用いたしました。
この「黒箱」も、お申し付けの品を取り寄せられるお嬢様、旦那様に重宝をいただいております。小さなアクセサリや雑貨、お洋服の収納などに活かされる例も多く拝見をしており、その用法については常に私たちも勉強をさせていただいております。当初は「黒箱」に直接、配送用の伝票を添えておりましたが、じきにスリーブを巻いてお届けするように改めました。
引用:https://www.butlers-house.net/products

こうやって、二つの事業を行っているのが執事の館なんです。

たぶん、Twitterで見かけたことがある方もいると思います。
私もTwitterで見かけて興味を持ったので、登録をしました。

誕生日にはお祝いのメッセージが使用人の方々から一通ずつ届くし、
些細なことなんだけれどもなんだかんだで嬉しいよね。


この執事の館のお申し付けの品は仮の手帳もしくは主の手帳(3000円+税)を持っている方のみ申し付けることができます。

仮の手帳と主の手帳の違いは、「ご帰宅の予告」が出来るかどうかだけなので
メールマガジンを読んだりお申し付けの品を申し付けてみたいって方は仮の手帳から登録してみてはどうでしょうか。

一日5名限定だけれども。
(その制限を忘れていました。)


愛知県名古屋市のわらび餅が届くのは、7月なのでわくわくしながら待ちます。

いまあるものに感謝をして、ただ目の前の日常を楽しみたい





いま目の前にあることが当たり前なんかじゃない。

そんなことは何度も聞いたことがある。
似たようなことだって聞いたことがある。

なんでこんなことを書いているかっていうと、
先週から咳とたんが絡むし、喉が痛かった。
「ただの風邪なんだろうなあ」って思って市販薬を飲んでみたけれど、
治る気配がなかったので、昨日近くの病院に行ってきました。

特に病名を言われたわけではないのですが、
処方された薬を説明されたときに出てきた病名。

マイコプラズマ肺炎・百日咳

なんでかっていうと、ここ数年若い人たちに流行っているから
この二つの病名にも効く抗生物質とよくある風邪でも処方される薬を貰って
帰宅したんだけれども。

これって、前もって調べてはいたけれど自分がこんなのに病気に罹るわけがないって思っていたからなんだけれども、放置していたら大変なことになっていたんだろうって思う。

言われたとおりに処方された薬を飲んだら、一昨日よりもよくなったので
薬は効いているようです。



健康でいる。ただ、そんな当たり前なことでも感謝しなきゃなあって
改めて思いました。

見た目は健康そうに見えるけれど、小さい頃は色んな理由から
脳神経外科に通いMRI検査を受けていました。

いまは定期的に通わなくてもいいのですが、
「普段と違う頭痛がしたら病院に」とは言われているので
たぶん普通に健康な人に比べたらリスクは高いんだなあって
思ったりもするんだけれども。



毎日何事もなく過ごしているけれど、
それってどこかの誰かが見たら憧れなのかもしれない。

そんなことを、たまには感じながらボーってするのもいいのかもしれない。

もう少し、周りの人にも優しく自分にも優しくなりたい




もう少し、周りの人にも優しく自分にも優しくなりたい。

ここでいう「周りの人」っていうのは、
「自分が大切にしたいと思う人」のことです。



ここ数ヶ月、話題となっている某事件だって大切な仲間を守りたいし、
自分と同じ目に遭ってほしくないって思いから起きた行動だと思います。



そういったアクションを起こすのって勇気がいる。
勇気がいることなんだけれども、人それぞれ守りたい人がいるからこそアクションを起こして何かを変えようって頑張れるのだと思う。
そういった人たちに優しくするのは、当たり前なのかもしれない。

でも、周りの人に優しくするばかりで自分はどうなのだろう。
何かつらいことがあったらそれを癒すためにケアするとか、
そういった全般的な視点から自分に優しくしているのかなって思った。

ツラかったらつらいってノートに書いて吐き出したり、
何か違うことをしてリフレッシュしたり、身体がつらいって思ったら
マッサージとかスパに行く。そういったことができているのかなって
ふと思ったのです。あの事件とは関係がないんだけれどね。



新しく元号が変わるのはみんな知っているけれど、
感覚的に見えない力もなんか変わる気がします。


それをどう表現すればいいのかわからないけれど、
当たり前に過ごしている日常でも何か違うものが流れていて
そんな中でほんのちょっと流れが悪いって感じているなら
ちょっとでも自分に優しくしてちょっとケアをして、自分らしく生きていけたらいいなって思った。

Amazonグローバルを使って2回目のお買い物





中々欲しいノートが手に入らないから、Amazonグローバルで注文したよ



そんなことできるんだ!

1回目の時は、ちゃんと書いてなかったので今回はちゃんと書いておきます。
ちなみに購入したのは、ロイヒトトゥルムA5のドットで色はシルバーです。





日本じゃなかなか手に入らないんですよ、
私がとても気に入っているロイヒトトゥルムのシルバーって。

どんなサイトを見ても、4000円くらい+送料なので
それなりに高いノートなんだけれどもなんだかなあって思ったの。

そんなときに、いろいろと情報を集めていたら
Amazonグローバルっていうので注文できることを知り早速注文したのが昨年10月。

登録の方法はこの記事を見ればわかるはず。
英語で住所を書く際は、番地から書きます。
でも、このサイトで変換しちゃった方が楽かも。



まだまだ、2か月くらい余裕はあるけれどもライブとか行っていると
注文することを忘れそうなので今回も早めに動いています。


注文:2019年4月9日




日本円で送料+関税込みで4000円でお釣りがくる値段でした。
ノートは日本円で3000円くらいなので、こっちで買うのがお得かも。



発送:2019年4月10日




意外と早く発送されました。
ちなみに、発送方法は一番安くて時間がかかるやつです。

発送番号がAmazon.comから確認できるので、
i-parcelのサイトで随時確認しています。


4月17日現在の状況




昨日、通関許可が下りた模様。
今週中に届けば早い方なんだろうなあ。
帰省する前に届けばいいやって思っているから、
気長に待つつもり。


到着:4月19日



到着しました。
注文したのが4月9日なので、10日ですね。
中身は商品だけでした。当たり前なんだけれども。

一度覚えると簡単にできるので、
たぶん次もAmazonグローバルで買う気がする。



04.03.2019



Hello.

こんにちは。
初めての投稿ですね。


数年前にbloggerには挑戦して断念したけれど、
今回また挑戦してみることにしました。

独自ドメイン取ったのに、有効に使わなければ損じゃないか!


というわけで、こっちもぼちぼち更新していきます。

アメブロにあった記事も、こっちに移していきます。
もちろん、移しても問題ないものだけなんだけれども。

31年目の活動に突入した推しが尊い話。



読者の皆様の中には、薄々気づいてたって方も多いと思います。

私、B'zが好きなんです。
いつの間にか、好きになってから14年くらい経ってた。


昨年9月に30周年(2019年時)を迎えて、31年目に突入した時のライブが先日発売されました。


ほんのり少しネタバレをするのですが、
アンコール2曲目の時のスタッフが横断幕を持っているんです。

「 祝 30周年おめでとうございます スタッフ一同 」
っていう横断幕を最前列の柵を挟んだ通路のところで持っているんです。

WOWOWの時にも見たから、見るのは2回目なんだけれども
なんか泣けてきたんだよね。

そうやって、ひっそりとメンバーにだけわかるようにお祝いするって
きっと今までのお二人の人柄が積みかなさってなったのかなって。

そう思うと、B'zに出逢えてよかったなって思った。

稲葉さんも松本さんも世間のイメージとは違って、
よくそこにいるようなとても人柄がいい人なのです。

今年は今までのサポートメンバーから一新して、
新しいサポートメンバーとアルバムツアーを始めます。

サマソニに出演するなら今までと同じでもって思ったけれど、
そういう大きなイベントがあっても新しいことに挑戦する
いつも謙虚で人柄がよく優しいお二人がとても好きです。

もうちょっとゆるくてもいい気がするけれど




こんにちは。
最近はアメブロばかり更新しています。
なので、こちらはちゃんと更新するのは久しぶりです。





もうちょっとゆるくてもいい気がする。
それは人生に対する考え方についてなんだけれど、
「頑張るのが偉い」だとかそういった風潮なのか
私がポンコツ不良品で弟は優良品だったから
それを比較されて周りからもいろいろと言われていたからなのか
いつからが頑張るのに疲れている気がしていて。

確かに頑張ることは偉いし、頑張らないと掴めない何かがある。
その何かが私にはわからないんだけれども、
潰れるまで頑張って生きているのにそれ以上頑張れって
周りは言うけれどこれ以上頑張れっていうのも嫌だし
そういう熱血過ぎなものなんか怖くて引いてしまうし。

頑張ったら掴める何かに魅力があるのもなんとなくわかるけれど、
なんだかなーって思うところがある。



毎日生きるだけで大変だもんな、
少しでもゆるゆると過ごせたらいいのに。

自然災害に潰されないメンタルが欲しい




こんにちは。𝕤𝕒𝕪𝕦𝕞𝕚𝕟です。

昨年は胸が痛む自然災害が多くて大変だったなと感じています。
東日本大震災以降、こうした自然災害に過度に怯えている気がします。

少しだけ多めに非常食を用意したり、
ソーラーチャージャーを用意したり、
「これがあったらいいなあ」って感じるものは買っています。

もちろん、人間には防衛反応があるのでそれなりに「怖い」
って感じるのは普通のことなのでは思います。

それを感じる程度の差が人によって異なるだけのこと。
だからと言って何にも備えないのも不安だしってのもあります。

昨年の西日本豪雨のときも、それを強く感じました。
子どもと二人で家にいてスマホから避難情報が鳴り響いて怯える中、主人は何事もなく心配する素振りを見せることなく飲み会に行きました。

たぶん、こうした価値観の違いからか喧嘩になるんですけどね。
(実際、それが原因で喧嘩もしたし何か防災関連の話になると揉めています)
教育機関勤務の主人は平日昼間に何かあっても対応に追われるってこともあり、
自宅よりもより海抜が高い安全な場所にいるから能天気なだけなのかもしれませんが。

まあ、いいや。たぶん、休日で一緒にいてもお豆腐メンタルな
私の心は崩壊していくと思うから。

何度も緊急地震速報が鳴るほどの地震を震源地の近くで経験しても、
どんなに避難情報が鳴るほどの大雨を経験しても怖いものは怖い。

経験すれば、経験するほど怖くなっている気がする。

よくネットで見かける地震予知だとか地震予言とかも
ものすごく怖いと思ってしまうタイプの人間なんですが、
よく名前をお見掛けする方は地学専門ではないとの情報を得て
極力気にしないようにしています。

でも、たまに調べて吐き気がするほど病んで
平常心を保てなくなるんですけどね。

なんでこんな風に感じてしまうのか、
一応心理学専攻してた人間としてどうなのかって
何度も思うけれども怖いものは怖いのです。

それを受け入れて、備えるのが大切なのかな。


いま当たり前のように平和に安心して暮らせることに感謝をして、
来るわけないんだから備えるだけ無駄と思わずに備えておく。

いま当たり前のように見上げる空も、
そんな余裕すらなくなる時が来るかもしれない。
いまよりも自然災害に強いメンタルが欲しいな。

おわりに

普段ならnoteで投稿したものには、こうやって最後には書いていません。

よく「地震予言なんてデマ」っていうけれど、本当にそうだと思う。
そうやって、エンターテインメントとして楽しむ人もいるけれど恐怖に怯えてしまう人がいるのも事実です。

私も昔は「予言などを信じてしまい、恐怖に怯える側」の人間でした。
最近は、「予言や体感などを発信している人は暇な人」って思うようにして情報が目に入らないようにしています。

当たったら当たったで不幸なことなのにワイワイ騒いで信者を増やすし、外れたら外れたで「私が神様にお祈りして、地震を回避した」ってことにして信者を増やしていくんだろうなあって思っています。

これを書いている2020.5.11もイルミナティカードが予言しているって話題になっています。
でも、その元ネタは2015年のエコノミスト誌の「2015年はこうなるんじゃないかな」っていった内容が書いてある内容の表紙に「11.5と11.3」の数字が書いてある。
その数字の解釈と、イルミナティカードの銀座三越の時計台に似たカードとオリンピック関連のカードを大震災の解釈をしているだけだと思います。

そもそもイルミナティカードってAmazonで購入できるカードゲームだからね。
遊び方は知らないし、興味がある方は勝手に調べるだろうからここでは詳しく書きません。

そんなカードゲームに左右されたくない。
自然災害は自分じゃどうしようもできないので備えることしかできないけれど、生き方くらいは自分でどうにかなることはどうにかする。

なーんて心構えに気が付いたらなっていました。
結局、色々と備えてどうにかするしかないって思います。

ちなみに、以前防災セットを購入した記事はこちらです。



きっと気力がないからだらけてしまう



2019-01-13に投稿した私のツイートから話を広げていきます。





なんでこんなことを呟いたかっていうと、
「他にやりたいことがあるのにテレビもスマホも見てしまう。
けれども、知りたくない情報も勝手に入ってくるのもストレスになる」
って私個人が思ったから、ふと呟いてみた。

スマホのニュースなら、必要と感じる情報だけ取捨選択して
手に入れることができるけれどテレビだとそれが難しい。

手に入れたい情報を専門に扱っている番組って探す方が大変
って、これ書きながら思った。

だからと言って、まったくニュースに興味がないのも
それまた問題じゃないかと思っています。

経済だって日本国内のことだけじゃなく、
海外にも目を向けないと状況が理解できなかったりする。


なんでストレスが溜まるとわかっているのに
他にもやりたいことがあるのにテレビやスマホを見るのか。

それって、ほかのことにストレスがあって気力がない。
他のことをすることより、だらだらテレビを見ていた方が楽。
って思っているからじゃないのかなって思いました。

あくまで、私個人の日常生活のなかで考えた答えです。
好きな芸能人が出るからテレビを見ているって場合は、
テレビを見ることがやりたいことになるのでこの話とは
関係ないんじゃないかなあって思います。
(ほかにやりたいことがあって、その番組以外は興味がない
って場合は関係あると思うけれど)

もちろん仕事や育児などで疲れてってことだと思う。
気力がないと感じている人は、自分が何に疲れるのか
ストレスを感じるのか分かればそれを解決していけばいい
って思うのだけれども、そう簡単にいくなら苦労しないよね。



なーんてことを思いました。

お手軽なスタバ








コンビニエンスストアやスーパーなどで、


気軽に購入できるスタバ商品もよく買います。


 


商品一覧はこちらからどうぞ。


 


 


今年に入って購入した商品を載せます。


 










 


 


スタバにも3ヶ月に1回は行くけれど、


こうやって気軽に購入できるもので


スタバに行った気になるのもいいね〜

結婚ってなんだろう



既婚者でも時々疑問に思うんです。
今年6月で結婚3周年になります。
それでもやっぱり疑問に思うんです。

ふとした瞬間に「結婚ってなんだろう」って
呟いているくらいなんだから。

グーグル先生に聞いてみた
グーグル検索して出てきたものは、
・夫婦になること
・婚姻すること

じゃあ、婚姻ってなんだろう。
また聞いてみた。

そうしたら、
1人以上の夫と1人以上の妻が法的に結合すること
とありました。

私が説明を読んだ印象だと、
法律用語なのかなーって思いました。

普段使うのに、婚姻なんて言わないよね?
婚姻届を出しましたーって時に使うくらいかな。

結婚をしてもしなくてもいいもの?
配偶者控除とか、結婚したら色々と優遇されて
いいこともあると思うけれど、その分悪いこともあると思うのです。

だからといって、ずっとパートナー関係で事実婚もしてないのがいいのかっていったら人によって違うと思うから何とも言えないのだけれども!!

結局、結婚してもしなくても何も言われないで
「へー、結婚したんだー」
「へー、結婚しないんだ」
ってその人の幸せや選択を尊重できる
そんな社会になったらいいんじゃないかと。

そんな簡単に出来たら苦労しないんだろうけど、
なんとなーく思ったから書いてみた。