安心して暮らせることに感謝を

2020/07/09

エッセイ

t f P L







ここ数日、心を痛める話題を多く目にしています。

好きなものを食べることができること。
好きな洋服を着て楽しむことができること。
好きなもので遊べること。
電気の力で快適に過ごすことができること。
好きな芸能人を見て、いろんな人と交流ができる余裕があること。

これ以外にも、挙げたらどんどん出て来るのだろうけれどさ。
当たり前に安心して暮らせるってとても幸せなんだなあって思いました。

「ない」ことにフォーカスするよりも、ほんの少しでもいいので自分が「ある」って思えるものに目を向けましょう。
ってよくスピリチュアルな界隈では聞くのですが。

多分コレって、精神的にも大切なことなんだろうと思っています。
人それぞれ持っているモノなんて違うのだし、好みだって違うのだし。

ライブのチケットだったり、ファンレターのお返事の有無だったりで、ジタバタする事はあるんだけれどね。
コレを書いているお前が言うなって話なんだけれども。

だって幾つになっても、好きな人からのお返事は欲しいです。
自分の名前が書かれたポストカードも写真も欲しいです。

Twitterでお返事が来た人を羨ましいと思いながら見ています。
それでも、安心して暮らせることには感謝をしています。
感謝が足りないから、今回の豪雨で被害にあったって言いたい訳じゃないよ。

自分たちの当たり前がいつか当たり前じゃなくなるときがあるかも知れない。
それを頭の片隅に入れて置いて欲しいなあって思ったので、この文章を書いています。

最後になりましたが、今回の豪雨で被災した方と亡くなられた方にお祈り申し上げます。



QooQ